スポンサーリンク

猫の首輪と迷子札。

 我が家の末っ子「どん」は迷子猫です。彼がどこに住んでいて、どんな環境だったのかは全然分かっていません。彼は首輪・迷子札・マイクロチップも付けていませんでした。

 猫の首輪や迷子札の役割は、猫が脱走したときに飼い主を特定できるようにすることです。首輪・迷子札には、飼い主の名前、住所、電話番号などの情報が記載されています。万が一猫が迷子になった場合、首輪・迷子札を見て飼い主に連絡することができます。
 猫の首輪や迷子札は、猫が迷子になったときに飼い主と猫を再会させるために重要な役割を果たします。猫を飼っている場合は、首輪や迷子札をつけることをお勧めします。

 猫の首輪は外れやすくなっています。これは、猫が首輪に引っかかって事故を起こすリスクを減らすためです。昔の首輪は、外れにくいように頑丈に作られていましたが、猫が首輪に引っかかってパニックになって暴れたときに、首が締まって窒息死する事故が起こることがありました。そのため、現在では、首輪に引っかかっても簡単に外れるように作られているものがほとんどです。
 猫の首輪を選ぶときは、外れやすいものを選ぶようにしましょう。また、首輪は猫の体にぴったり合っているサイズのものを選ぶことも重要です。首輪が緩すぎると、猫が首輪を抜け出してしまうことがあります。逆に、首輪がきつすぎると、猫の首を締めてしまうことがあります。

 猫のマイクロチップの普及率は、犬に比べて低いです。2022年7月1日時点で、犬のマイクロチップ装着率は約60%ですが、猫のマイクロチップ装着率は約30%です。これは、猫は犬に比べて外を自由に歩き回る習性があるため、マイクロチップの必要性を感じていない飼い主が多いことが考えられます。
 しかし、マイクロチップは、猫が迷子になったときに飼い主を探すための有効な手段です。マイクロチップには、飼い主の氏名、住所、電話番号などの情報が登録されているため、保護された猫が飼い主のもとに返還される可能性が高くなります。

猫を飼っている方は、マイクロチップの装着を検討することをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました