スポンサーリンク

犬の室内トイレ事情。

 犬の室内でのトイレのしつけは、犬生において・・いや一緒に住む人にとっても大切な問題です。犬は、生後3~4ヶ月頃から排泄のコントロールができるようになります。子犬を迎えたら、早めにトイレのしつけを始めましょう。

 トイレの場所を決めて、トイレシートを敷きます。トイレの場所は、犬が排泄しやすい場所を選びましょう。例えば、静かで目立たない場所、人や他のペットが通らない場所などがおすすめです。我が家の場合、お風呂の脱衣場が定位置です。

トイレトレーニング

  • トイレの時間を決める。
    犬は、排泄の回数が多いため、トイレの時間を決めましょう。トイレの頻度は、子犬の場合は1~2時間に1回、成犬の場合は3~4時間に1回が目安です。 子犬の場合は、眠りから覚めた時に誘導しましょう。
  • トイレをしたら、すぐ褒める。
    犬がトイレをしたら、すぐに褒めましょう。褒めるときは、おやつや声かけなどで、犬にトイレを覚えさせるようにしまう。 トイレの最中に掛け声を掛けて覚えさせておけば、トイレ誘導がぐんっと楽になります。( 例 ワンツーワンツーなど ) この掛け声を間違って覚えさせると後々恥ずかしい思いをしますよ。 ( 例 公園などで、「ちっ〇ー」と叫んでいたりします。)
  • トレイを失敗しても、怒らない。
    犬がトイレを失敗しても、怒らないでください。怒られると、犬はトイレをすることを怖がり、トイレを失敗するようになります。 もくもくと失敗した後を掃除することをオススメします。間違っても楽しそうに掃除や声掛けをしないようにしましょう。

トイレのしつけは、根気よく続けることが大切です。犬がトイレを覚えるまで、時間がかかります。、焦らずに、ゆっくりとトイレのしつけを進めていきましょう。 覚えてくれれば、本当にハッピーな気持ちになりますよ。

トイレの環境

  • トイレの場所を犬が排泄しやすい場所にする。トイレの場所は、犬が排泄しやすい場所を選びましょう。例えば、静かで目立たない場所、人や他のペットが通らない場所などがおすすめです。
  • トイレの場所を頻繁に変えないようにする。
  • トイレの場所を頻繁に変えてしまうと、犬はトイレの場所を覚えることができません。
  • トイレの場所を清潔に保つ。トイレの場所が汚れていると、犬はトイレをしたがりません。

犬のトイレのしつけは、飼い主さんと犬の共同作業です。犬の性格や個性に合わせて、トイレのしつけを進めていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました