スポンサーリンク

子犬を迎えた時。

 子犬のしつけは、子犬がまだ小さいうちから始めることが大切です。子犬は、生後7~8週頃から周囲の環境や人間の言葉を覚え始めます。そのため、この時期にしっかりとしつけをしておけば、成犬になってから良い家庭犬として育ちます。

子犬のしつけで大切なことは、以下の3つです。

  • 早めに始める
  • 根気よく続ける
  • 正しい方法で行う

 早めに始めることで、子犬は人間の言葉や指示を覚えやすくなります。また、根気よく続けることで、子犬は飼い主の指示に従うようになります。沢山、お話しして色々な言葉を幼少の頃に浴びていると、とても良いパートナーとなってくれるでしょう。

子犬のしつけでよくある間違いは、以下の2つです。

  1. 怒って叱る
  2. すぐにあきらめる

 子犬は、まだ言葉を理解できません。そのため、怒って叱っても意味がありません。また、すぐにあきらめてしまうと、子犬は飼い主の言葉を信じなくなります。怒って𠮟りそうになった時は、いったんその場を離れ気持ちを切り替えましょう。

子犬のしつけは、根気よく続けることが大切です。子犬が間違った行動をしたら、すぐに叱らずに、正しい方法で教えてあげましょう。そうすることで、子犬は良い子犬に育ちます。

子犬のしつけで、よくある質問をまとめました。

Q. 子犬のしつけは、いつから始めればいいですか?

A. 子犬は、生後7~8週頃から周囲の環境や人間の言葉を覚え始めます。そのため、この時期にしっかりとしつけをしておけば、成犬になってからも良い家庭犬に育ちます。

Q. 子犬のしつけは、どのように行えばいいですか?

A. 子犬のしつけで大切なことは、以下の3つです。

  • 早めに始める
  • 根気よく続ける
  • 正しい方法で行う

Q. 子犬のしつけで、よくある間違いは何ですか?

A. 子犬のしつけで、よくある間違いは、以下の2つです。

  • 怒って叱る
  • すぐにあきらめる

子犬は、まだ言葉を理解できません。そのため、怒って叱っても意味がありません。また、すぐにあきらめてしまうと、子犬は飼い主の言葉を信じなくなります。

Q. 子犬のしつけで、気を付けるべきことは何ですか?

A. 子犬のしつけで、気を付けるべきことは、以下の3つです。

  • 子犬の性格や能力に合わせて行う
  • 子犬にとって楽しいと思えるように行う
  • 子犬が飽きないように行う

子犬は、まだ成長途中です。そのため、無理をさせないようにし、子犬の性格や能力に合わせて行うことが大切です。また、子犬にとって楽しいように行うことで、子犬は積極的に学習するようになります。そして、子犬が飽きないように、短時間で繰り返し行うようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました