スポンサーリンク

北斗と車中泊

北斗

北斗は若い頃から私の車中泊に付き合ってくれていました。犬と車中泊をする時の注意点です。

  • 犬の健康状態を確認する。
    犬は車内が狭く、換気が悪いため、熱中症や脱水症状になりやすいです。特に、暑い時期や、夏場は車中泊を避けるか、早朝や夕方に出かけるようにしましょう。
    車中泊場所を標高の高い場所にすると、暑さが少しは和らぎます。
  • 犬の体調に気を配る。
    車内は気温が上がりやすいため、犬が暑すぎたり、寒すぎたりしないように、こまめに様子を見ましょう。また、犬は車酔いしやすいので、車酔い止めの薬を飲ませておくと安心です。
    理想は子犬時代から、少しづつ車に慣らしておくと車酔いのリスクが軽減されます。
  • 犬が快適に過ごせるようにする
    犬は車の中で寝たり、食事をしたりすることになるため、十分なスペースを確保し、犬が快適に過ごせるようにしましょう。また、犬用のシートやマットレスなどを用意すると、より快適に過ごすことができます。
    シートは、雨の時などには特に必要です。
  • 車内の清潔を保つ
    犬は毛を落としたり、汚したりするので、車内の清潔を保つようにしましょう。特に、食べこぼしや嘔吐物はすぐに掃除するようにしましょう。
  • 周囲に配慮する
    車中泊をする場所は、周囲に迷惑をかけない場所を選びましょう。また、夜間はエンジンを切って、静かに過ごすようにしましょう。
    SA/PA/道の駅など仮眠をする場所も多くなっています、それぞれマナーを守って利用しましょう。
タイトルとURLをコピーしました