スポンサーリンク

もうすぐ夏です。すでに夏です。猫の夏対策。

猫は暑さに強く、寒さに弱いと言われています。そのため、夏は猫が熱中症にならないように、いくつかの対策をしておくことが大切です。

室温を28度以下に保つ

猫の体温は、人間よりも高く、37~39度程度です。そのため、室温が30度以上になると、熱中症のリスクが高くなります。エアコンや扇風機を使って、室温を28度以下に保つようにしましょう。

水分をこまめに与える

猫は、汗をかいて熱を体外に逃がすことができません。そのため、水分をこまめに与えるようにしましょう。水のほかに、氷水や猫用ミルクなども与えると喜ぶでしょう。

直射日光を避ける

猫は、直射日光を浴びると熱中症になる危険性があります。カーテンやブラインドを閉めて、直射日光を避けるようにしましょう。

風通しを良くする

エアコンや扇風機を使って、風通しを良くするようにしましょう。風通しが良ければ、猫も涼しく過ごせるでしょう。

猫が快適に過ごせる場所を用意する

猫は、涼しい場所や日陰で過ごすのを好みます。猫が快適に過ごせる場所を用意するようにしましょう。例えば、クーラーの効いた部屋にタオルを敷いたり、冷たいタオルを置いたりすると良いでしょう。

留守番中の猫の注意点

暑い日に猫を留守番させる場合は、以下の点に注意してください。

  • エアコンや扇風機をつけて、室温を28度以下に保つ。
  • 水をたっぷりと用意する。
  • 直射日光が当たる場所に置かない。
  • ケージの周りに風通しを良くする。

猫の暑さ対策は、猫の体調を崩さないためにも大切です。上記の対策を参考にして、猫が夏を快適に過ごせるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました